ダイエット、美容、健康に関するまとめサイト

ダイエット・美容のヘルスケアラボ

豆乳

豆乳の効果と栄養!女性に嬉しいイソフラボン

スポンサーリンク

豆乳とは

豆乳には特に女性に嬉しい栄養成分がたくさん入っています。

豆乳と言えばイソフラボンが有名ですね。イソフラボンは女性ホルモンである

エストロゲンと似た働きをすることがわかっています。

また、豊富な大豆たんぱく質、サポニン、ビタミンB群、ビタミンE、

レシチンなど美容と健康に役立つ栄養が含まれています。

豆乳の消費は右肩上がりに年々増えており、健康ブームも手伝い、定番の

ヘルシードリンクとなてきています。

 

豆乳の栄養

豆乳の栄養表

 

上記の栄養表を見ると豆乳は牛乳と比べると高たんぱく低カロリーであり

脂質が低く鉄が多いことがわかります。

 

豆乳の栄養

 

大豆イソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするため、

加齢とともに分泌が減少するエストロゲンの働きを補い、更年期障害の

予防が期待されます。

また、イソフラボンは若々しい肌を維持するサポートをしてくれる効果が

あります。

肌の弾力を保つコラーゲンを増やし、新陳代謝を促すことから肌のハリと

潤いを保ってくれます。

 

大豆タンパク質

タンパク質は人間に必要な3大栄養素のひとつで、筋肉や皮膚や毛髪の

形成にも使われます。タンパク質が不足すると肌荒れなどを起こしやすい

ため、良質なたんぱく質は美容にも健康にも不可欠な栄養素です。

特に植物に含まれるたんぱく質は脂肪になりにくいため、

美容効果を得ながらも太りにくいタンパク質だと言えます。

 

大豆サポニン

サポニンには抗酸化作用があり、活性酸素を除去し、

悪玉コレステロール(LDL)の蓄積を予防します。

その他にも免疫力アップ、肥満予防など様々な効果があります。

 

大豆レシチン

レシチンには神経伝達物質であるアセチルコリンの生成を促し、

記憶力や集中力の向上に効果が期待できます。

 

ビタミンB群

ビタミンB群は体内で酵素の働きを助ける補酵素としての役割を持ち、

糖質や脂質、タンパク質の代謝を促し体内に蓄積されないようにする

働きがあります。

 

ビタミンE

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐ他、

紫外線から肌を守りシミ、ソバカスを抑制する効果が期待できます。

また、毛細血管を拡張して血流を良くする働きがあるため、体をあたためる

作用や新陳代謝が活発になることによる美肌効果も期待できます。

スポンサーリンク

 

豆乳の効果

 

豆乳の効果

 

美容効果

豆乳に含まれるイソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンと

似た働きをするため新陳代謝を促し、肌のハリを良くし、シミ、

そばかすを抑制する効果が期待されています。

 

更年期障害の改善

加齢とともに減少していく女性ホルモンであるエストロゲンを

似た働きをするイソフラボンが補うことで症状を改善します。

大豆イソフラボンを摂っている方は更年期障害によるほてり

などが見られにくいという報告もあります。

 

貧血予防

豆乳は牛乳の60倍の鉄を含んでいるため、貧血予防にも効果が期待できます。

牛乳を飲むとお腹が痛くなってしまう人も豆乳なら大丈夫です。

 

コレステロールの抑制

豆乳はコレステロールを含みません。また、豆乳にはコレステロールを

抑制する効果があり、コレステロールが高めの方が調整豆乳を

1日200mlを飲み続けた結果4週間後から総コレステロール値と

悪玉コレステロール(LDL)が下がるという結果が出ました。

 

豆乳の飲み方

体にいいとされる豆乳ですが、飲みすぎるとホルモンバランスが崩れ、

生理不順となったり、肌荒れの原因にもなります。

摂取量の目安としては、イソフラボンの量が1日50~100mgが適正と

言われています。

目安としては無調整豆乳200mlでおよそ50~100mgのイソフラボン

含まれますので、1日200ml程を毎日飲むと良いでしょう。

 

豆乳を飲むタイミングは食事の30分前や空腹時の間食として飲むと

ダイエットにも良いと言われています。

また、就寝前に飲むとイソフラボンの効果を最も得られ、美容などに

効果的です。

 

豆乳を飲む女性

 

豆乳の種類

豆乳には「無調整豆乳」「調整豆乳」「豆乳飲料」があり、

大豆の成分の濃さが違います。

無調整豆乳は大豆を絞ったままの状態なので大豆本来の味がするため、

少し癖があり、人によっては飲みずらいと感じるかもしれませんが豆乳

としての効果は一番高いです。

 

無調整豆乳

大豆を絞った原液で、味を加えたりなどの加工がされていない物です。

(大豆固形成分が8パーセント以上⇒大豆たんぱく質換算3.8%以上)

大豆本来の味がするため人によっては飲みずらいと感じる場合が

あるかもしれませんが豆乳としての効果は一番期待できます。

 

調整豆乳

調整豆乳は大豆を絞った原液に砂糖や塩などで味を変え飲みやすく

したものです。

(大豆固形成分が6パーセント以上⇒大豆たんぱく質換算3.0%以上)

無調整豆乳よりは少し成分量が下がりますが、

無調整豆乳が飲みづらいという方にはこちらがオススメです。

 

豆乳飲料

豆乳飲料は調整豆乳にさらにバナナ味やココア味などの味を加え

おいしく仕上げたものです。

(大豆固形成分が2パーセント以上⇒大豆たんぱく質換算0.9%以上)

 

まとめ

豆乳には女性に嬉しい健康と美容に役立つ成分が豊富に含まれています。

毎日のんで健康に役立てたいですね。

健康に良いのはわかっているけど、あの味がどうしても苦手という方には

大豆イソフラボンのサプリがオススメです。

 

有効成分である大豆イソフラボンを効率

良く摂取するにはやわたのイソフラボン

&ファイバーがオススメです。

大豆イソフラボンを中心に食物繊維や

アミノ酸など、女性に嬉しい栄養成分

をたっぷり配合しています。

イソラコンニチモウバイオテクスのイソラコン

国内基準の農薬検査をパスした大豆の

胚芽部分より抽出したイソフラボンを

使用した、分子の小さい吸収性の高い

イソフラボンサプリです。

 

スポンサーリンク

-サプリメント, 健康食品, 美容

Copyright© ダイエット・美容のヘルスケアラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.