ダイエット、美容、健康に関するまとめサイト

ダイエット・美容のヘルスケアラボ

便秘

女性に多い便秘の原因!その影響と改善方法とは

更新日:

スポンサーリンク

女性に便秘の人が多い理由

一般的に3日以上排便がない、もしくは週に2回以上排便がない場合に

便秘と考えられることが多いですが、食べた物の消化・排便までの時間は

24時間なので1日1回の排便が理想です。

日本では現在、女性の半数以上に便秘の症状がみられるといわれています。

では、男性に比べて、どうして女性の方が便秘になりやすいのでしょうか?

理由はいくつかあります。

便秘

身体的理由

男性に比べると、女性は大腸の筋力が弱いため、便を肛門方向へ送り出す

力が弱いのです。

 

ホルモンの作用

女性ホルモンのひとつである「黄体ホルモン」が身体に水分や塩分を溜め込む

ように指示を出し、大腸の腸壁に便の水分が吸収されて便が固くなります。

だから、「黄体ホルモン」が多く分泌される月経の前や妊娠初期は便秘に

なりやすいのです。

 

食事制限

よくダイエットのためと食事制限をされる方がいますが、その方法をとると、

食物繊維や水分、脂肪分などが減少してしまいます。また、蠕動運動にも

影響が及び、便が硬くなり、排出されにくくなるのです。

 

精神的理由

女性は、人前での恥ずかしさや家事、仕事等の忙しさのためトイレを我慢

することが多く、旅行等の環境の変化によるストレスも男性に比べて

受けやすいのです。

また、不安や緊張などのストレス状態が継続すると自律神経のバランスを

崩し、交感神経が優位になるため腸の働きが悪くなり、便秘の大きな

原因ともなります。

ストレス

 

便秘が及ぼす体への影響

肌荒れ

便秘になると自律神経のバランスが崩れ血行が悪くなることから新陳代謝の

働きも悪くなり、肌のハリやツヤがなくなり、吹き出物なども出やすく

なります。

また、宿便は腸の中で腐敗が進み、悪玉菌や有害物質を増やしてしまいます。

この有害物質は血液に吸収され全身に回ってしまい、肌荒れの原因とも

なります。

肌荒れ

便秘で便が硬くなると排便の際に、肛門を傷つけやすくなります。

また、いきみによりいぼ痔も大きくなり、出血します。肛門の痛みや

出血を恐れて便意を我慢していると、更に便が硬くなり悪循環に

なります。

 

脱肛、直腸粘膜脱

便が硬く、排便の際にいきむことで痔核の血管が膨れ、痔核が次第に

肛門の外へ出ていきます。これが何度も何度も繰り返されると、

直腸の粘膜も一緒に外へ押し出されてしまいます。

 

糞便塞栓症

便が直腸内に溜まって固まり、指や器具で掻き出さなければならない

状態です。このとき、直腸の粘膜と便の隙間から液状の便が漏れてきて、

下痢と間違われることがあります。

 

大腸の潰瘍・穿孔、腹膜炎

大腸内に便が滞っていると、潰瘍ができたり、まれに穴が空いて、

そこからお腹の中に便の細菌が広がり、腹膜炎になることがあります。

 

スポンサーリンク

便秘の改善方法

食事

1日3食、特に朝食をしっかりとりましょう。食物繊維が多いものは便秘の

改善に効果的です。

例としては、毎朝バナナ1本を牛乳と一緒にジュースとして飲むと効果が

あります。

一方、「硬いものは便秘に良くない」と思って、やわらかい物を選んで食べて

いる人がいますが、それは間違いです。かえって便が硬くなります。

繊維質の多いものをよく噛んで食べるようにし、水分は足りない分を

補給するだけで、便が膨らみ柔らかくなります。

 

運動

ウォーキングやラジオ体操など、有酸素運動を生活習慣にとりいれましょう。

 

排便習慣

便意を我慢するのはよくありません。だからといって、便意を催した時に

トイレに行けばそれで良いわけでもありません。

便秘を正しく治療し健康的な生活をしていれば、1日1回、朝食後、自然に

便意を催すようになってきます。便秘を正しく治療して、規則正しい

排便習慣を身につけましょう。

 

温水洗浄便座

水の勢いをMAXにして肛門の奥まで水を入れて、その刺激で排便している

人も少なくないと思います。しかし、これは自分で便秘をひどくしている

ようなものです。

便秘が悪化するだけでなく、直腸の粘膜を保護している粘液を洗い流して

しまうので、粘膜が傷付き、便意の感覚も衰えます。水の勢いを弱くして、

肛門の外側だけを洗うのが、温水洗浄便座の正しい使い方です。

 

市販薬、漢方薬

市販薬は、すぐに効果が現れるように刺激性下剤の成分が使われていること

が多いです。

すると、市販薬に頼りきりになってしまう人がでてきます。1番良いのは

排便習慣を見直し、1日1回便が出るようなサイクルを作ることなので、

使いすぎには注意してください。

また、漢方薬は「生薬だから副作用はない」と思われがちですが、それは間違い

です。センナやアロエなどは習慣性があります。

いづれも薬に依存してしまうと、薬を使わずに排便習慣を改めることが

難しくなるので、程々にしましょう。

便秘改善

便秘チェック

チェック

 

  • お腹が張る
  • トイレを我慢することが多い
  • 排便が3日ないことがよくある
  • 口臭が気になる
  • 肌荒れ、ニキビ、おできがよくできる(治りにくい)
  • 旅行をすると便が出ない
  • 朝食を取らないことが多い(食事を3度取らない)
  • 長時間座りっぱなしの仕事をしている
  • 菓子類の摂取が多い
  • 水分をあまり取らない
  • 野菜の摂取が少ない
  • ストレスが多い
  • 下痢が続くことがある

0~1個・・・便秘度10%以下です。快食快便により楽しい毎日が送れ

そうです。

2~5個・・・便秘度30%です。便秘になってしまう恐れがあります。

食生活に注意しましょう。

6~9個・・・便秘度60%です。既に便秘の兆候がでていませんか?

悪循環になってしまう前にしっかりと治療をして、リズムのある

排便コントロールが必要です。便秘の原因が病気によるものの

場合もあるので専門医による検査をおすすめします。

10個以上・・・便秘度90%以上です。便秘、もしくは隠れ便秘状態です。

治療によるリズムのある排便コントロールが必要です。

 

オススメの便秘改善サプリメント

モリンガの小粒

奇跡の木と呼ばれる「モリンガ」の

成分で内側からキレイを整えます。

豊富な食物繊維と必須アミノ酸、

ギャバ、ポリフェノールを複合。

手軽に錠剤のサプリメントで

便秘を改善したい方にオススメです。

 

モリモリスリム

独自配合のハーブを使用した、

自然美容健康茶。

発売から10年のロングセラー商品。

後払い+10日間返品保証制度も

あるので、便秘でお悩みの方は

是非、一度お試しください。

 


イサゴール

余分なコレステロールの吸収を

抑え、お腹の調子を整える、

トクホのダブル認定。

食物繊維の王様、サイリウムが

腸の働きを整えます。

 

まとめ

便秘は放置してしまうと様々な悪循環に繋がってきます。

上記に挙げた健康面だけではなく腸内環境の悪化は

肌荒れや吹き出物など美容面にも大きな悪影響を与えます。

今すぐ「便秘チェック」を行い、少しでも疑いがある人は

専門医に検査してもらうようにしましょう。

1日1回、便の出るリズムのある体づくりをして、快適な生活を

送りましょう。

 

合わせて読みたい

 

スポンサーリンク

-健康, 美容

Copyright© ダイエット・美容のヘルスケアラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.