ダイエット、美容、健康に関するまとめサイト

ダイエット・美容のヘルスケアラボ

mctオイル

MCTオイルのダイエット効果が凄かった!

スポンサーリンク

ここ数年前から、ダイエットや健康においてオイルが注目されるよう

になって、すっかりブームになりました。

ココナッツオイルをはじめ、亜麻仁油やエゴマ油、オリーブオイルなど

たくさんのオイルがあります。

最近では、「MCTオイルダイエット」としてテレビや雑誌などに

取り上げられ、一気に注目されるようになりました。

MCTオイルダイエットは、ココナッツオイルよりも効果的などの声も

聞かれますが、実際はどうなのでしょうか。

そこで、今回はMCTオイルについて、ご紹介したいと思います。

 

MCTオイルとは?

「MCT」とは、【Medium Chain Triglyceride】の略で、中鎖脂肪酸

ことです。

中鎖脂肪酸とは、炭素の結合が8から12個以下のオイルを指し、主な働き

としては糖質にかわってエネルギーになることが挙げられます。

そのため、体内に脂肪として蓄積するどころか、体内に蓄積した脂肪を

エネルギーとして放出する役割を担うということで、注目されています。

オイルダイエットで既に認知度が高いココナッツオイルも中鎖脂肪酸ですが、

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の含有量は多いとは言えません。

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は約60%で、MCTオイルは100%中鎖脂肪酸

で、できています。

ですから、MCTオイルは100%中鎖脂肪酸なので、ココナッツオイルを超える

として今、注目されているわけです。

mctオイル

 

MCTオイルダイエットとは?

MCTオイルダイエットは、MCTオイルを摂取することで、体の脂肪を燃えや

すくするダイエット方法です。

先述しましたが、MCTオイルは、エネルギーの代謝が速いため、脂肪として

蓄積しにくいという特徴と脂肪を燃えやすくする効果があります。

それは、MCTオイルはケトン体を作る材料になるからです。

ケトン体は体内から糖質が不足したとき、エネルギー源にするため肝臓から

作られるものです。

つまり、体が飢餓状態になるとケトン体は作られ、エネルギー源として利用

されるのです。

 

基本的にご飯を食べる日本人の体には、糖質が体内にあるのでケトン体に

なりにくいのですが、MCTオイルを摂取することでケトン体を作りやすい

体質へと変化します。

ケトン体が優先的に使われるようになると脂肪の燃焼効率が上がり、

痩せやすい体になると言われています。

これがMCTオイルダイエットです。

 

スポンサーリンク

MCTオイルダイエットの効果とは!

MCTオイルダイエットには以下のような効果があります。

 

mctオイルダイエットの効果

 

空腹を感じにくい身体になる

実は、タンパク質や糖質には満腹中枢を刺激する物質が含まれています。

これらの物質を効率的に摂取すると食べ過ぎになりにくいと言われています

なかでも、MCTオイルは他の植物性油脂と比べて良質なので、満腹中枢への

作用が強いとされています。

そのため、MCTオイルを少し摂取するだけで、普段よりも満腹中枢へ働き、

食欲を抑えてくれます。

また、脳を活性化し認知症予防になるといったはたらきもあります。

 

ケトン体質(痩せやすい体質)になる

MCTオイルダイエットは、糖質制限と合わせて行います。

一般的には、人間は糖質をエネルギーに変えることで代謝を行います。

先述しましたが、糖質が少なくなると体が飢餓状態になることを防ぐため、

蓄積された資質の中からケトン体を作り出します。

そのため、蓄積した脂質でケトン体を作り出し分解することで、今ある

体脂肪にも効果的にはたらきます。

また、ケトン体を作り出すということは、痩せやすい体質になるという

ことです。

 

筋肉を落とさず脂肪だけを落とす

一般的な食事制限ダイエットは、筋肉から先に落ちてしまいます。

体重は減ってもスタイルのしまりがなくなることもよくあります。

しかし、MCTオイルは、筋肉を落とさず脂肪だけを落とすという働きが

あります。タンパク質とともに摂取すると良いでしょう。

 

腸内環境を整え便秘を解消できる

一般的に油は、良質でなければ悪玉コレステロールの増加につながり、

悪玉菌の原因になります。

そのため、腸内環境が良くならず便秘などを引き起こしがちです。

ダイエット中だからと言って油を抜いてしまうのも、腸内環境が悪化し、

うまく老廃物が便として排出されません。

しかし、MCTオイルは良質なので、腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えて

くれ、ダイエット中の便秘や肌荒れ、イライラを防げます。

 

MCTオイルダイエットのやり方とは!

では、MCTオイルダイエットの基本的なやり方をご紹介します。

まず、1日の総摂取カロリーは男性なら1400~1500Kcal、

女性なら1200~1300Kcalに設定します。

タンパク質の摂取量は1日あたり25~30gに抑えます。

毎食ごとに糖質制限を行うのが理想的ですが、はじめは夕食だけ、

ご飯や麺類などの糖質をカットして、糖質制限に慣れていきましょう。

  • 朝食:糖質OK
  • 昼食:糖質OK
  • 夕食:糖質NG

つまり、朝食も昼食も今までどおりに食べて、夕食だけ糖質を抜き、

MCTオイルをとるという方法です。

夕食で糖質をとらなければ、その日の昼食から翌日の朝まで、15~18時間

にわたって糖質をとらないことになります。

この間に、体がケトン体質に変わっていくのです。

また、食事法と並行してMCTオイルを1日数回、1回につき大さじ強

(15~20ml)をとるようにします。

MCTオイルは加熱せずに、無調整豆乳やコーヒーに混ぜて飲みます。

また、ドレッシングやみそ汁に小さじ1杯、ヨーグルトに大さじ1杯まぜて

食べるのもおすすめです。

 

痩せると話題のシリコンバレー式、完全無欠コーヒー

実は、今話題になっているのが、完全無欠コーヒーです。

完全無欠コーヒーはシリコンバレーの起業家が発案したコーヒーですが、

グラスフェッドバターと無塩バターというものを使うのですが、

ネットで手に入れることができます。

しかし、高価なバターなので、ここで無塩バターを使った簡単な

バターコーヒーの作り方をご紹介します。

  1. コーヒーにMCTオイルを小さじ1~2杯入れる
  2. 無縁バターを1片入れる
  3. よくかき混ぜる
  4. できあがり!

まろやかでクリーミーなコーヒーになります。

もちろん、コーヒーにMCTオイルだけでもOKです。

参考にしてみてください。

mctオイルコーヒー

 

オススメのMCTオイル

LOHAStyle  MCTオイル 450g

楽天市場でランキング1位のMCTオイル。

添加物、保存料不使用なので安心して

続けられます。

コスパもグッド!

 

仙台勝山館MCTオイル

アマゾンランキング1位獲得!

有名女性誌にも多数掲載。

ココナッツ由来のMCTオイル。

 

 

世界のマルシェ MCTオイル

マレーシア原産の100%ココナッツ由来

のMCTオイル。

こちらも楽天で各種ランキング獲得の

人気商品です。

 

 

まとめ

MCTオイルは中鎖脂肪酸、糖質の代わりに新たなエネルギー源として

着目されています。

コーヒーに入れたり、ヨーグルトに入れたり、サラダにかけたりと

使い方も簡単ですし、癖がないので長く続けることができるでしょう。

注意点としては、脂質なので、カロリー計算をする、一緒に糖質制限をする、

そして、摂りすぎると胸やけや下痢を起こすこともあるので注意が必要です。

空腹を感じにくいということで、ダイエットが苦手な方も挑戦してみては

いかがでしょうか。

スポンサーリンク

-ダイエット, 健康食品, 美容

Copyright© ダイエット・美容のヘルスケアラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.